FC2ブログ








成年コミックの集め方 

激速!成年コミックの集め方マニュアル。

WinMX(以下MX)で手に入る無数のファイルの中に「成年コミック」というジャンルがあります。主に、本屋さんの片隅に置かれている、B5版の18禁マンガの総称です。MXでは、「商業誌」「成年誌」などとも称されます。

■なぜ、あえて成年コミックに着目するか

(1)同人誌に比べて、出版状況が把握しやすい。(集めやすい。)
(2)本の形式が一定なので、容量がDSLでは落しやすい20-50MB/冊と安定していている。
(3)他ジャンルとの交換時に意外と有利に働く。

(1)は、出版社のサイトや雑誌から情報が得られますし、成年コミック批評サイトにいけば詳しいレビューで内容が確認できるからです。同人誌だと、好きなサークル目当てで落していくことはできますが、せっかくの交換時に、知らないサークルは落しにくい(もしくは落しても複数執筆の場合、内容に幅が大きい)という弊害があります。

(2)は、結構重要です。50KB/s出れば、10分程度で30MBの交換ができますので、一冊十数分あれば交換できます。動画、特に映画は大きすぎて膨大な時間が必要ですし、アニメは全話集めないと意味がなく、しかもその品質はまちまちです。しかし、成年コミックは基本的に、長編でも一冊完結がほとんどで、多くは短編集ですからそのファイルで完結しているイメージが強いため、集めやすいのです。

(3)は(2)のような手頃感に加え、「同人誌、写真集より容量が大きいため、容量交換に有利」「アルバム、サントラ、PVと容量的に近い」ため、こちらがカウンターとなった場合の利点が大きい、というのが理由です。


■まず用意するもの

・Chime(チャイム):MXの挙動を音で知らせてくれるソフト。カウンター自動応答、ブロックフォルダなど、機能多数。これがないと話になりません。使い方は詳しくは説明しませんが、カウンター自動応答は絶対にセットアップにてONにしておくことが重要です。

・成年コミックのファイル:最初は持ってない場合がほとんどだと思います。あれば共有しましょう。かわりに下記を用意します。
 
・サントラ、アルバム単位で圧縮したファイル:最新もの、もしくはとても懐かしいもの、ゲームのものなどがよいかと思われます。さすがに、これもないと話になりません。

■共有ファイルの準備

・用意したファイルには、法則のある名前を付けましょう。整理のついていない共有はうざったいですし、自分でも何があって何がないのかわからなくなります。

例:(成年コミック) [作者名] 書籍名.zip
 :(アルバム) [作者名] アルバム名.zip
 
・MP3単体はともかく、画像1枚のみの共有はほとんど意味ありませんのでやめましょう。うざいだけで誰も相手にしてくれません。

 
■MXの準備

大事な点だけ。
・ダウンロードフォルダは、共有とは別にしましょう。
・退席時には、自動応答するようにセットしてきましょう。改行を入れると、メッセージが届きません。
・Chimeのカウンター自動応答をONにしておきましょう。
 
■では、はじめましょう

新規検索で、「成年コミック」と検索してみましょう。ファイル種類は、全種類にしておかないとMP3に偽装されたものしか出てきませんので注意です。

さて、ダーっと検索結果が表示されたかと思います。ここからが重要です。ファイルの選び方は

・同じユーザーからは1つだけにする。ユーザーがかぶらないときは同じコミックでもガンガン順番待ちに入れる。
・IMを送ります。「サントラしかありませんがお願いします。」など、正直に。

■交換がはじまったら

しばらく待つと、DLを開始してくれる人がいると思います。その際、相手がカウンターでULを要求してきたら、絶対に開始することが重要です。ほっとくとDLを切られます。Chimeのカウンター自動応答でたいてい対処できますので、最初は「相手の順番待ち」でカウンタを許可する」をONにしておくとよいでしょう。

そして、二三人と交換し始めたら、自分の他の準備待ちは全部クリアしてしまいます。そうしないと、他の方が交換を要請してきてしまい、どんどん応じていくと一人あたりのUL速度がどんどん落ちてしまい、結果DLを切られることになるからです。

こうしたことを守れば、ファイルを手に入れることが出来ます。あとは、内容を確認して問題(壊れている、中身が足りない)がないことを確かめてから、共有フォルダに入れておきましょう。加速度的に、交換に応じてくれるようになると思います。また、こちらの共有を求めてのキューも増えていきますので、その人の持ち物から好きなものを落せるようになります。

■退席中や寝ている間も

ある程度共有ファイルが増えたら、退席中や寝ている間を最大限活用します。基本的には普段と同様ですが、IMの自動応答、Chimeのカウンター自動応答をきちんとセットした上で、今度は交換が始まっても、他の順番待ちを解除しません。「来るものは拒まず」状態です。ただし、交換速度に不満がある方にはDLを切られてしまいます。しかし、その人もそれをセットしたら寝る、という場合が多いでしょうから、成功率もそれほど悪いわけではありません。試す価値はあると思います。

■最後に

目指せ200冊/週!というのは、半分は冗談ですが(笑)、多分このくらいは可能だと思います。HDDを圧迫しますけどね(笑)では、がんばってください。

以上
スポンサーサイト




→最新人気裏情報はコチラ←

→超豪華特典付き情報販売「Info-Monster」←
→超激安通販←