FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→最新人気裏情報はコチラ←

→超豪華特典付き情報販売「Info-Monster」←
→超激安通販←

政府の調査員となって稼ぐ方法 

町中を歩いていると、通行人の数を調べる交通調査員が、道端でカチャカチャとやっている姿をよくみかけますよね。

あの調査の仕事も簡単なように見えますが、実際かなりの気力と体力が必要なようです。今回は、そんな調査の仕事の中でも、政府や自治体が行う、商業および住宅統計の調査員になって儲ける方法を紹介します。

以前はこの統計調査員は町の有力者がボランティア的に引き受けて行ってきましたが、最近では主婦やOLが空いた時間を利用してサイドビジネス感覚で行っています。

しかし、独り暮らしや共働きが多い今日、このような調査はしにくいため、実際統計調査員は不足しています。この仕事の資格としては次のようなものが上げられます。

まず、年齢であるが20~75歳までと幅が広いので誰でも申し込める。その外、資格としては税関係の仕事に携わっていない人、その自治体の住民であることなどが上げられる。

また、調査という仕事上秘密厳守で行わなくてはならないので
信用第一となる。仕事内容は各家庭を訪問し調査用紙を発布することから始まり、その用紙を回収することで終わる。

但し、各家庭を訪問しても調査に応じてくれない場合も多いので、秘密厳守・プライバシ-尊重の意向を伝え確実に仕事を成し遂げなくてはいけない 。

また、この仕事の一回の実働日数はだいたいは15日間前後で、日当は5000円前後となるので、休みやオフタイムを利用してのビジネスとしてはいいかも知れない。

この仕事につくには、市町村の統計課に登録しておくとよい。商業や住宅統計調査以外の調査の仕事もあるので、そのうちいろんな調査の仕事にありつけるはずです。
スポンサーサイト

→最新人気裏情報はコチラ←

→超豪華特典付き情報販売「Info-Monster」←
→超激安通販←





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。