FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→最新人気裏情報はコチラ←

→超豪華特典付き情報販売「Info-Monster」←
→超激安通販←

頭の中のイメージでサイドビジネス 

イメージや空想の世界を作り上げるのが非常に上手な人。頭の中のイメージだけで勝負する劇画ライターの仕事はどうだろうか。

劇画ライターとは、劇画やコミックのストーリーを作る人のことである。ストーリーを作るといっても文章がうまい必要はない。あくまでもイメージストーリーつくりがうまければ充分です。

劇画のストーリーというのは、長編の場合、プロの編集者が大抵いるが、15ページから40ページの短編では、プロ自らが手がけるということは少なく、編集者がヘルプしているのが現状である。

この仕事のポイントを言えば、劇画のストーリーとテーマが中心で、文章力なんてどうでも良いのである。通常原作まで作る必要はなく、あくまでも原案作りだけですむ場合も多い。

収益としたら1ページ(2000円~4000円)の原稿料も充分もらえる可能性がある。30ページ物であると15枚(400字)程度で60000~120000円位もらえるので、一般の文を書くより高収入が期待できる。

直接出版社に出向き、編集者などに会って交渉するのも1つ。若手の劇画化と組んで1からやるのも1つ。原案を書く時のポイントとしては、ユーモアかつ奇抜さにポイントを置き、その画家の個性を生かす原案の製作にポイントをおく。

この仕事は原案を書くといっても15~30ページくらいのものをターゲットとしているので、時間を多く使う必要がなく、サラリーマンやコミック好きの若者、主婦なども簡単にチャレンジできるビジネスとして有力。コミック好きな人は日曜1日で原案を作り上げる人もいるくらいである。
スポンサーサイト

→最新人気裏情報はコチラ←

→超豪華特典付き情報販売「Info-Monster」←
→超激安通販←





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。